白蟻防除業者専用薬剤ガントナーシリーズ

手遅れになる前にシロアリ対策を始めよう!

住化エンバイロメンタルサイエンス(SES)のシロアリ防除剤「ガントナーシリーズ」は、
「高い害虫防除効果」と「人・環境にやさしい安全性」で支持されています。

木質建材が多用される我が国では、シロアリや木材腐朽菌による被害が絶えません。
住化エンバイロメンタルサイエンス(SES)では、住宅をはじめ木造建造物を虫害から守り、貴重な木質資源を保護するためにも、安全性が高く、環境への影響が低い、シロアリ防除に効果的な薬剤開発を続けてきました。
現在、低臭化、脱溶剤化、マイクロカプセル化などの高い製剤技術や、天然物や、ベイト剤の利用など、居住者や防除施工に関わる方への安全性や自然環境に配慮した製品並びに防除方法の提案を行い、シロアリ防除剤のトップメーカーとして、信頼され、高い評価を受けています。

シロアリ防除の内容とは?
~被害が大きくなる前に専門業者へ依頼しましょう~

シロアリ防除の基本は「土壌処理」と「木部処理」の2つに分類されます。両方を並行することでシロアリを確実に防除いたします。
また必要に応じて上回り処理を行いシロアリが発生している場合は被害箇所を処理します。

被害箇所処理
シロアリが発生している場合、発生箇所に直接薬剤を処理してシロアリを駆除します。
上回り処理
浴室・玄関・勝手口などは床下部分がふさがれている場合が多く、床下からの処理では十分な効果が見込めません。こういった場合は床上より処理します。
土壌処理
シロアリの大部分は床下の土壌から侵入してきます。床下地面に薬剤のバリア層をつくり、シロアリを寄せつけません。
木部処理
最後の砦となるのが、床下を中心とする木材部分です。木材の表面を処理することで、シロアリ被害の拡大を防ぎます。

シロアリによる被害を未然に防ぐために、
定期的なメンテナンスは欠かせません。

5年サイクルで再施工することが重要です。

シロアリは地中のどこにでも存在すると考えておいた方が良いでしょう。そのシロアリを住宅に侵入させないようにするのが予防消毒です。定期的に床下や建物周辺の調査を行い、5年サイクルで予防消毒を行うのが安心です。